プロフィール

松原です

Author:松原です
アラキ工務店で現場監督をしています。
仕事のことや、ちょっと気づいたことなどを綴っています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

RSSリンクの表示

アラキ工務店|松のリフォーム
京都の(株)アラキ工務店に勤めています。クロスの張替や便座の取替などちいさなリフォームでも遠慮なくおっしゃってくださいね♪
明治の地図
先日、二条城のかみのお客さんのとこへ調査に行きまして、

その家がいつ頃建てられたものかという話の流れから、

「ここは明治時代に刑務所があったところを、宅地にしたんですよ」と伺いました。

(刑務所のさらに前、江戸時代は京都所司代があったそうで、その又前は…

 やはり別の何かがあったところなのでしょうね。神泉苑の北、平安京の内裏にもかかる場所です。)


偶然かどうか、8月のお盆明けから工事をさせていただく上賀茂のお施主さんのお住まいも、明治時代の民家です。


明治というと教科書やドラマから想像する時代で、つい自分とは無縁の世界と思ってしまうのですが、

日々の仕事を通して、家やお施主さん、そして自分自身も歴史性のある世界を生きているのだなぁと、

ハッとさせられることは多く、京都の歴史に改めて興味をもつようになりました。

明治22~23年(1889~1890)

明治22年(1889年)頃の京都の地図です。百万遍の地図屋さんで売られていた物を分けてもらいました。

時代はちょうど蹴上浄水場で発電した電気が、市内に通るようになった頃でしょうか。

黒いところが宅地、白くなっている部分は田んぼや畑のようで、大宮通あたりが町の端になっています。


大正・昭和初期・戦中・戦後の変化をたどる本も出版されていたり、京の町の歴史マニアも多いそうです。




最後に、Googleから見られる現代の航空写真です。

平成24年(2012)

街の形はすっかり変わっています。

よくもここまで建物を作ったものだなぁ~と、少し眩暈がします。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://matsubar.blog.fc2.com/tb.php/8-68eecb18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)