プロフィール

松原です

Author:松原です
アラキ工務店で現場監督をしています。
仕事のことや、ちょっと気づいたことなどを綴っています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

RSSリンクの表示

アラキ工務店|松のリフォーム
京都の(株)アラキ工務店に勤めています。クロスの張替や便座の取替などちいさなリフォームでも遠慮なくおっしゃってくださいね♪
有楽窓
銀閣寺の近くで改修をさせていただいたお家です。


琵琶湖疏水添いのこの界隈は、大正後期から昭和初期にかけて、田畑だったところを宅地開発がされた地域で、

建物の風貌も洛中の町家に多くみられるような「ベンガラ塗に漆喰壁」ではなく、

聚楽や杉皮・竹を多用した、どちらかと言うと文人趣味・数寄屋風ものが多くみられます。



そのような背景もあり、今回のお宅では玄関へのアプローチに見えてくる浴室の窓へひと工夫、

目隠しと装飾をかねて、竹の連子格子を詰め打ちしています。(写真中央右)

東面2

このような連子の形式は「有楽窓(うらくまど)」と呼ばれていて、

織田信長の弟で茶人の織田有楽斎が取り入れたといいます。

建仁寺に茶室を建てた際、すぐ隣に墓地があったので席中からそれを見えにくくするためだったとも言われていますが、

スリットから室内へ入ってくる光が竹のシルエットを浮かびあがらせて、ただの目隠し以上の光景になります。

UB.jpg

UB有楽窓

今回はお茶室とは違いユニットのお風呂ですが、浴槽に張られたお湯にゆらゆら映る景色を眺めながら朝風呂をするのも、

なかなかリッチな生活になるはずです。




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://matsubar.blog.fc2.com/tb.php/51-c314a98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)