FC2ブログ
プロフィール

松原です

Author:松原です
アラキ工務店で現場監督をしています。
仕事のことや、ちょっと気づいたことなどを綴っています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

RSSリンクの表示

アラキ工務店|松のリフォーム
京都の(株)アラキ工務店に勤めています。クロスの張替や便座の取替などちいさなリフォームでも遠慮なくおっしゃってくださいね♪
ヨロイ張りの新時代!
ヨロイ張りの新時代!

SH3D0924.jpg


少し大げさなタイトルですが、いいものを見つけました。

町家の表の腰張りによく見かける、下見板を縦の縁(ささら子)で押さえる鎧張り、

このささら子を作るのがなかなかの手間なのです。


京都の町家なら量が少ないので労力も知れていますが、

田舎の方に行くと、建物の妻壁にびっちり鎧張りがしてあるのを見かけます。

この時代にコツコツ手仕事をやっていては、お客さんに出す見積もりは、目玉が飛び出る金額になります。


いまどき、きっとあるに違いないと思ったら、やっぱりありました。

中本造林という会社が販売している、「杉ジョイントウォール」と、セットの「押さえ縁」です。


工場で機械加工されてた3Mのささら子は、1本3千円程で入るので、これはとても画期的なことです。

よろい


ひとつ要望を言うと、ささら子の寸法が決まってしまっていることで、町家の正面に使うには木柄が少し華奢です。

問い合わせてもオーダーは受けてくれないそうなので、残念。

金属加工ではNC機器による少量多種加工が当り前ですから、木材加工業界はのんびりしているといえるかも。

とはいえ、これまで上級の仕様だったヨロイ張りがもっと身近になるのは間違いありません。

現在進行中の現場では、建物の彫りがぐっと深くなり、良くなりました。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://matsubar.blog.fc2.com/tb.php/34-01fca020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)