FC2ブログ
プロフィール

松原です

Author:松原です
アラキ工務店で現場監督をしています。
仕事のことや、ちょっと気づいたことなどを綴っています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

RSSリンクの表示

アラキ工務店|松のリフォーム
京都の(株)アラキ工務店に勤めています。クロスの張替や便座の取替などちいさなリフォームでも遠慮なくおっしゃってくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町家の基礎工事
IMG_0064.jpg

古い建物では竣工した当時から長い月日を経て、家の前の道路が何度も舗装替えされていくうちに、

玄関の高さが道路の高さより低くなってしまい、悪いときには落ちた雨水が家の方に逆流してしまう状態に陥ります。

あるいはそこまでの逆転は起きなかったとしても、お隣が古い家を建て替えるときには、昔より上がった道路面からさらに

高く建物の足回りを計算してくるので、結果町家の躯体足元は道路からだけでなく、側面境界からも水に悩まされる事になります。


写真のお宅では、お隣の敷地側から雨水がまわって木部が腐り、また玄関の中に水たまりができてしまっていたので、

躯体の荷重をジャッキで受けながら、布基礎を立ち上げて、土台を入れる準備をしています。

アラキ工務店の大工さんたちには慣れた仕事ですが、油断すると建物が崩れかねない危険な側面もあり、

一つずつ手順を踏んで、確実に前に進めていきます。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。