FC2ブログ
プロフィール

松原です

Author:松原です
アラキ工務店で現場監督をしています。
仕事のことや、ちょっと気づいたことなどを綴っています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

RSSリンクの表示

アラキ工務店|松のリフォーム
京都の(株)アラキ工務店に勤めています。クロスの張替や便座の取替などちいさなリフォームでも遠慮なくおっしゃってくださいね♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成間近
長いこと工事をさせていただいた現場も、完成間近です。

お引渡しに間に合うように、照明器具の取付や設備機器の接続を急ピッチで進めています。

業者さんの中にはGWも出て下さる人もあり、本当に頭が下がります。

IMAG0132.jpg

土壁は落ち、柱の足元は腐っていたこの建物も、お陰様でしっかり直りました。

20141205 (13)

壁がきれいに塗れると、本当に見違えます。

最後に床の養生をめくって掃除をすると、さらにもう一度、ガラッと雰囲気が変わります。
スポンサーサイト
足場が組めた
外壁の工事をしています。

工事車両を建物の前におけるよう、足場屋さんにお願いして、トラスで4.2Mの開口を開けてもらいました。

作業をするための仮設の足場でも、作業のしやすさや御近所への影響など、気を付けることがたくさんあります。

IMG_0650.jpg

鳶の職人さんの中には、勢いだけでササっと組んでしまう人もいますが、最近お願いしているこの足場屋さんは、

細かく丁寧に、こちらの要望に付合ってくれます。

デッキの上から人や物が落ちないようにシートをはり、半分から下をたくし上げて、完成です。

IMG_0656.jpg

前に立ってみると、メッシュシートの柔らかい感じが、まるでお茶屋さんのスダレのような雰囲気を出して格好良いです。
地蔵委員
今住んでいる長屋のご近所さんが先日私の家の玄関をのぞいて、

「松原さん今年は地蔵委員よろしくね」と言って帰られました。

「地蔵委員」?、町内のお地蔵さんの掃除などするのかなと思っていたら、

それはまた別の方の仕事で、要は町内会費を集めたり、地蔵盆の世話をする係とのこと。


今まで町内の行事ごとは他所まかせにしてきましたが、

これを機会に出来るだけ協力していかなくてはと思っています。


さっそく昨日の晩、12軒ほどのお宅を町費の集金にまわったのですが、

同じ時代に建てられた全く同じ造りの町家でも、数十年のうちに住む人によって手が入れられ、

ガラガラと玄関戸を開けると、それぞれ別の空間になっているのが面白いです。


ちなみに我が家では、なかなか減らない改修用の資材置場になっています。


かかりはじめ

市内のお宅の改修工事が始まります。

神職の方を呼ぶのが本来ですが、今回は弊社の会長が略式で執り行います。

IMAG0067.jpg

家財の運び出しやゴミの整理などで騒がしい現場が、つかの間の静寂につつまれます。

お施主さんにとっては、1年がかりの準備期間を終えた、新たな始まりを実感する一瞬であり、

工事をする我々にとっても、改めて気を入れなおす機会となる、ささやかなセレモニーです。
通信費のこと
私用のガラケーが故障してしまい、機種変更をしようと携帯ショップへ行くと、

一番お安いものでも、3万円程度は機種代にかかりますよ、との説明。

数年前までは、0円で交換できるものもあったので、ずいぶん状況が変わったことに驚きました。

料金についても、LTEスマホをもつと最低でも6千円前後になるそうで、

私の使用頻度からみてこれはちょっと見直しが必要だと感じました。


随分いろいろと調べたのですが、

今つかっているauの3Gスマホ+wifi (LTE格安SIM)という組合せが、私にとってはメリットが大きいようで、

最終的な毎月の料金は、今までの支出の半分以下になる計算。


さらに自宅のPCや家族のスマホもwifi経由でつながるようにしたのですが、

心配していた使い勝手も、ほとんどストレスがないので、ほっとしています。


名刺ケース大のwifiにカードをさすだけで快適な通信環境が整うなんて、本当に不思議なものです。

住宅の改修をしていると光ケーブルを後で通せるように空配管をすることが多いですが、

将来は、これも不要になるのだろうかと感じたりもします。

あるいは、光ケーブルとはまた別の未来の通信ケーブルがそこを通るようになるのか…

設備の世界の変化は先が読めないものです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。