プロフィール

松原です

Author:松原です
アラキ工務店で現場監督をしています。
仕事のことや、ちょっと気づいたことなどを綴っています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

RSSリンクの表示

アラキ工務店|松のリフォーム
京都の(株)アラキ工務店に勤めています。クロスの張替や便座の取替などちいさなリフォームでも遠慮なくおっしゃってくださいね♪
外回りの途中、御所でお昼ご飯をたべようとしていると、藪の奥に伐採した松の丸太がゴロゴロと積んであります。

松喰い虫が入った木を伐って、御所の中で被害が広がらないように管理されているのでしょう。

 SH3D1690.jpg



上が赤松、下が黒松で、同径木でも赤松の方がずっと年輪が細かく、赤松で80年生、黒松で40年生です。

或いは、庭木なので栄養過多なのかも分かりませんが。

黒松は冬目が分厚く形成されます。

SH3D16891.jpg

京都では、赤松は町家の梁など構造材にもよく使われますが、黒松の方はほとんどが板材に製材されるようです。

アラキ古材倉庫に並んでいた松の板です。

(左)赤松、欅のような筍杢、(中)黒松に見えますがどうやら赤松、(右)黒松、杢

SH3D1694.jpg



もともと町家の梁材だったものだそうですが、黒松のようです。

目が通っていて綺麗です。

SH3D1700.jpg


踏み込み床の地板だった大変に立派なもので、樹齢200年以上の赤松。

板の裏に会長の字で使用禁止と書かれています。

SH3D1699.jpg