FC2ブログ
プロフィール

松原です

Author:松原です
アラキ工務店で現場監督をしています。
仕事のことや、ちょっと気づいたことなどを綴っています。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

カウンター

RSSリンクの表示

アラキ工務店|松のリフォーム
京都の(株)アラキ工務店に勤めています。クロスの張替や便座の取替などちいさなリフォームでも遠慮なくおっしゃってくださいね♪
大徳寺弧篷庵
すっかり秋らしくなりました。

この時期は伝統建築に関係した催しが一年で最も多いので、毎年楽しみにしています。

先日も、ちょうど公開が始まった大徳寺の弧篷庵へ行ってきました。

パンフレットからの写真
弧篷庵 パンフレット写真

普段は拝観謝絶となっており、写真から想像する限りでしたが、実際行ってみると思っていたのと少し違います。

本堂と庫裡が棟続きになっており、そこから小堀遠州が寝起きしていた直入軒という座敷が西にのびているのですが、

写真の席はその付け根にあります。

他の塔頭では、本堂の西や、本堂と庫裡の間の廊下から北に伸びるようにしてお茶席が設けられているので、

なんとなく意外な場所にあるなぁという感じがします。(あんまり良い場所でない。)

敷地の北からアプローチする関係だと思いますが弧篷庵では庫裡が本堂の北にあり、

或いは、他の塔頭で庫裡の玄関の横についている客間のような、気軽な応接の場所なのかもしれません。

出回っている写真の構図は、たいてい障子と、その下の手水や燈籠を切りとるものなので、

ものすごくストイックな空間という先入観があったのですが、実際はとてもゆったりとした印象で、

広縁の空間が写真よりずいぶんと広く、気持ちよく感じられます。

障子の下が躙り口に見立てられているという説を聞いていましたが、う~ん!?

むしろ直入軒への視線をさえぎる実用的な側面のものだろうなという感想をもちました。

やはり写真ではなく、実際に入ってみることが大事なのですね。


案内の方の話では、西日が入る午後からの方が印象的な景色になるとのこと。

縁先の欄干まわりがとてもよかったですが、実測はおろか、メモもさせてもらえませんでした。

拝観者もたくさん、山門の前で整理券や順番待ちがありますので、よほど楽しみにされている方が多いのでしょうね。

弧篷庵 パンフレット写真2

スポンサーサイト



我が家のカレー革命
お仕事とは関係ありませんが…、業務スーパーで見つけました。

玉ねぎのみじん切りをソテーしたものが、冷凍で売られています。

こんなものがあるとは知りませんでした。お値段なんと、200円!

SH3D1601.jpg

手間暇かけて飴色になるまでソテーをすれば、お店のカレーのように美味しくなるとは分かっていても、

みじん切りが大変な上に、何十分もフライパンの前で見張っているのは、なかなかできません。

気合をいれて一生懸命刻んだ玉ねぎも、火にかけるとみるみるカサが減っていき、お鍋の端に集まる程度しか残らなければ、

また今度もやろう、という気にならないですよね。

この500gのパックに、一体何個の玉ねぎが費やされているのでしょうか。

これなら他の具材といっしょにお鍋にポンとすればOK、なおかつブロック状にカットして、ジップロックで冷凍保存できます。


早速試してみましたが、優しい甘みとコクが増し、カレーが別物になりました。おすすめです。

(パーム油の風味や中国産がちょっと…という向きもあるかもしれませんが、楽天などでは国産品もあるようです。)


押入をトイレに
町家の中にトイレをつくっています。

家相の関係で、いま押入として使っている場所を改造して欲しいというお施主さんからのリクエストです。

工事前

IMG_0006 (2)

IMG_0009 (2)

作業スペースに余裕がないので、大工の中村さんが1人で、解体からセメント練り、ブロック積までやっています。

一般に職人さんは大工仕事以外はあまり進んでやりたがらないものですが、文句も言わず、丁寧な仕事ぶり。

建物が古いとついバタバタとした仕事をしてしまいそうなものですが、中村さんの実直な性格が現れていて、

安心してお任せしています。